スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日いよいよエントリー開始

いよいよ、明日の夜、深夜企画杯のエントリーを開始します。

どのくらいの人数が集まるのか、僕は緊張してきています。



ここで当日の注意点をいくつかお知らせします。

当日はご来場いただいた皆様にはネームプレートをお渡しします。

が、それらはすべて白紙です。皆様に直接書き込んでいただく形式をとっております。

さらにコース別の選択を企画開始までに行っていただきますので、参加者側で朝にやることがけっこう多くあります。

少し早めにご来場下さい。


2点目、
昼休みをあまり長くとっていません。
今のスケジュール上、30分。

なので食事は各自とっていただくのですが、飲食店は新大阪駅まで戻らないとありませんし、近くにコンビニもありません。

あらかじめ用意しておいた方が良いでしょう。

これは翌日のE4オープンも同じです。



あとは、参加をご検討のみなさんは、あのサイケデリックなルールを読んでおられるかと思いますが、それについて僕から数点。

「変動相場制2択テスト」は意外にパス重要っぽいです。

あてずっぽうに答えても期待値はゼロですが、パスは確実に1点入りますからね。

クイズの成績がイーブンならパスの多い方が勝つルールです。

あと、このクイズは名前がダサいので、当日に名前を変えますが、ルールは変更しません。



「THE QUiDOL M@STER→」は要するにアタサバです。

アタサバってことは負けないクイズが基本です。

このルールで負けない戦いというと、ダメージを受けにくいアイドルイメージを維持しつづけることです。
これは「場」を読むゲームです。

芸能界の流行を読み、常に新鮮なイメージで活動しつづけるアイドルが生き残る、というわけです。



「対決5○3×」は終了時の判定が最終所持ポイントになっていることに注意してください。



「稲垣早希」は同点時の判定の際、残りネルカード数、つまり誤答の少なさを優先的に評価します。

終盤、サイコロの出目が壱に片寄った時にここが意味を持ちます。



最後にこれはすべてのコースに言えることですが、最後の1問まであきらめないことが肝心です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。